【感想】映画「屍人荘の殺人」

SHIJINNSO_poster2.jpg
TOHOデーを利用して観てきました!

毎月14日はTOHOデーで映画が1200円。この機会に「屍人荘の殺人」をTOHO新宿で観てきました。ポイントが現在5なのでこれ見たら一本無料になりますしいい機会ということで。
ちなみに原作小説「屍人荘の殺人」は読んだことないのでどんな話かも知らないんですが、予告を見る限りわりと面白そうだったのと神木隆之介と浜辺美波が主演ってのもかなり惹かれるものがあったので。当然ながら犯人も結末も知らないままなので新鮮な気持ちで観れますね。

《神紅大学のミステリー愛好会所属・葉村譲(神木隆之介)と明智恭介(中村倫也)のもとに現れた謎の美人女子大生探偵・剣崎比留子(浜辺美波)がロックフェス研究会との合宿を持ち掛け、向かったペンション「紫湛荘」で殺人事件が発生する……。》

というのが公式サイトで読んだあらすじ。後は予告をいくつか見てる程度というのが事前情報です。公開二日目でTOHOデーということもあってほぼ満席。いい雰囲気での上映開始!


で、本編ですがタイトルに「屍人」とついてるからには死者がよみがえって襲ってくるみたいな言い伝えのあるいわくつきの山荘とかそういう設定かと思ってたら……、まさかのゾンビパニック物+ミステリーという(笑)!
ロックフェスで何者かの集団にウイルスを注射された観客たちがゾンビとなって襲ってきて葉村たち難を逃れた人間は紫湛荘に立てこもるがそこで殺人事件が発生。犯人はゾンビかそれとも内部の誰かか、という話。原作が国内主要ミステリー4冠達成とかいう触れ込みなので普通のミステリーかと思ってたので意表を突かれました。メイン主人公の一人と思われた明智も序盤で姿を消しますしね。

というわけで物語は葉村と比留子の即席コンビが主人公として進んでいくわけですが、この二人が見ててほんとに楽しい!
ちょっとというかかなり変人の比留子とそのかわいさに初対面からメロメロ(笑)の葉村を見てるだけでも退屈しない映画でしたねー。比留子役の浜辺美波はほんとにかわいいし葉村役の神木隆之介がキスのご褒美をちらつかされてあっさり言いなりになるのもわかる(笑)。二人の良さを最大限引き出してる映画だったなあ。できればこのコンビをまた見てみたいと思うくらいに。
連続殺人の謎は終盤にちゃんと解決するんですけどそんなことは些細でしかなく、もっと巨大な謎については最後まで分からなかったんですよね。そのへんは原作で続きを描くのだろうか。

いずれにしても期待以上に楽しめた映画でした。今度は原作も読んでみようかな。

屍人荘の殺人 (創元推理文庫)
屍人荘の殺人 (創元推理文庫)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ロンドン喰種
2019年12月14日 22:38
原作ではウィルステロの犯人についてもある程度解明されています。
そしてテロを起こした連中の残党について調べている内に次なる事件に巻き込まれるのです。

このシリーズはゾンビや超能力といったオカルトが実在している世界が舞台(ただし現実同様にオカルトを信じているのは一部のマニアのみ)でオカルトを利用した事件を解決していくという内容です。

オカルトといっても魔法の力で呪い殺すとか、念力で外から鍵を開け閉めして密室を作るとかではなく、より間接的な利用です。

なお、原作は映画と違ってコメディ要素は殆んど無いのでその点は注意してください
風吹く荒野をのんびりと
2019年12月15日 16:48
>ロンドン喰種さん
ありがとうございます。なるほどー、超能力まで出てくるんですね!
そういう普通とはちょっと異なる世界観でのミステリーというのはかなり新鮮ですよね。
コメディ要素はなくてもじゅうぶん楽しめそうな予感がするのでまずは原作を読んでみます!