【PC】三國志14 プレイ記 #37 「英雄集結」(達人伝)その3

872410_20200325163844_1.png
「達人伝」プレイ第3回、黄河を渡って鄴を制圧。邯鄲に愛が戻ってきた!

君主・信陵君(魏無忌)で「達人伝」のキャラを作って開始したシナリオですがほんとにノリノリでプレイできてます(笑)。いやー、楽しい!

さて、名品で知力+10のアイテム「老子」が手に入ったので丞相・藺相如に渡しました。
872410_20200325145525_1.png
丞相の補正+5と合わせて知力が104に。当初はこれで軍師の座も藺相如に渡そうかと思ってましたが予定変更、侯嬴先生に続投してもらうことに。老人軍師というのもこれまでのプレイになかったので新鮮ですし、丞相のほうは外交で大活躍してくれてますからね。うまく役割分担していこうかと。

戦のほうはいよいよ邯鄲奪還の下準備。まあ三国志では邯鄲はもうただの府にすぎませんので実際に攻略するのは鄴ですがそこは気分の問題。まずは丁原が抑えている鄴の西にある壺関から攻略。洛陽から丹の三侠に攻めあがらせて制圧しました。さらに兵を輸送して3万に増強。準備は整った!

邯鄲奪還作戦開始!
ここからは原作の邯鄲包囲戦さながらにオールスターで攻め込むことに。総勢8万の兵力、西の壺関からは丹の三侠、陳留からは信陵君と春申君が先陣で黎陽港へ、平原君と李談・李牧・龐煖の三千決死隊はまっすぐ北上!
872410_20200325162920_1.png
いやー、めちゃくちゃ燃える(笑)! 鄴を支配する韓馥も4万以上の兵力を有しているので猛反撃にきて大会戦に。

この野戦に勝利したもののこのままでは終わらない。そのまま全軍で鄴を落としにかかろうとしたところで様子を見ていた袁紹と丁原が攻めてくる!
南皮の袁紹軍約35000が東から、丁原も晋陽から6000の兵でがら空きの壺関を奪還しに来てピンチ。考えた末、鄴攻略は信陵君・春申君・平原君の戦国四君トリオと荘丹に任せて無名と庖丁は壺関へ帰還。李談たち三千決死隊約15000で袁紹軍を食い止めることに。
872410_20200325165047_1.png
時間との勝負、このシチュエーションに内心盛り上がりまくってます(笑)。

韓馥の作った建設物に袁紹が手間取ってる間に信陵君たちが鄴を制圧!
872410_20200325165516_1.png
状況が変わったことで袁紹軍は撤退。韓馥軍の支配していた府も趙のもとに。邯鄲に愛が戻ってきたぜ。

ただ先日のアップデートで不具合が出てるらしく、雁行で制圧してしまうと武将を捕虜にできなくなってるらしいんですよねー。ちょうど春申君が雁行で制圧してしまったので全員在野になってしまいました。やむなく急いで登用に向かわせましたが早く治るといいですねー。
しかし燃える戦いでした。ほぼ原作通りのメンバーで戦えたというのもありましたしね。一方で天下情勢も変化が。曹操と呂布が都市を3つ支配して強大になりつつある様子。
872410_20200325170136_1.png
新勢力として作った始皇帝の秦も滅ぼされてしまい残るは項羽の楚のみ。ちょっと新勢力に厳しいシステムなのがつらいですね。

さてここからはどういう戦略で行くか、悩みどころですがそれもまた楽しいですね!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント