【PC】三國志14 プレイ記 #45「英雄集結」(達人伝)その10

872410_20200505160514_1.png
曹操との長きに渡る戦い終結。そしていよいよ趙・最後の戦いが始まる!

ほんとにのんびりじっくりプレイしてますがこのシナリオは楽しいですねー。オールスター武将集結なのでプレイの仕方が無限大というか。敵の新勢力をもっと強化できたらさらに楽しいかも。

さて第二次趙曹大戦となって一気に曹操に襲い掛かる信陵君の軍勢。曹操も反趙連合を結成して対抗するものの少しずつ制圧。そんな中、洛陽での探索でなんと玉璽を発見。
872410_20200505111955_1.png
見たのは初めてですねー。

一方で江州から南下して建寧に居座る劉備軍を攻撃。しかしとにかく距離が遠いのと毒沼とかでほんとにしんどい。しかもそこを防衛してたのは趙雲! 少数の兵で何度も出てきててはこちらにダメージを与えて去っていくのでほんとに厄介。
872410_20200505130406_1.png
制圧するまでとことん苦しめられましたよ。

そして東の建業からは白起と丹の三侠が南へ進撃。しかし呉へは王朗軍の霍去病が何度も攻めてきてこれまた強いもんだから苦労する。しかしようやく白起が捕虜にしてくれたので登用。
872410_20200505141450_1.png
これまで文官トップ4は藺相如と戦国四君で最初から設定してたんですが武官トップ4はまだ廉頗と白起しか設定してなかったんですよね。三人目を誰にするかとずいぶん迷ってましたがようやく決定。霍去病を車騎将軍に任命することに。
872410_20200505141924_1.png
今回はほんとに真剣に官職を考えて任命してるのでそのぶん楽しいですね。

そして江夏制圧の際に普通は解放するものの今回は捕虜にした公輸般を勧誘。「東周英雄伝」で墨子とやり合うエピソードを知ってましたからね。悪役としてですけど(笑)。そして勧誘に応じてくれたので名品の「墨子」をプレゼント。
872410_20200505173810_1.png
ちょっと嫌味な気もしますが墨子本人はいないので渡すならこの人しかいない(笑)。

かなり時間はかかったもののようやく雲南まで制圧して巴蜀制覇。平原君と侯嬴先生が祝福に来てくれるのがうれしい。
872410_20200505201848_1.png


270年4月、プレイ開始から同盟を結び共に勢力を拡大してきた曹操軍を滅ぼす。
872410_20200505215919_1.png
敵対してからは7年間に渡る戦いでしたね。手ごわかった。曹操軍のうちこちらの勧誘に応じたのは曹操本人を含む約140人。一気に大所帯になりました。そして武官トップ4の最後の一枠、他にも名将はたくさんいますがやはりここまで戦い抜いてきたライバル・曹操しかいませんね。
872410_20200505221047_1.png


これで天下の大半は制圧して群雄は全部で7つとまさに戦国七雄になったわけですが。しかしこれまで囲い込んで同盟を結び続けてた袁紹軍が6都市ながらも約70万の兵力を有する巨大勢力に!
872410_20200505222609_1.png
達人伝プレイ最終章はこの袁紹軍との戦いをラストになるよう調整してたんですよね! こちらは晋陽・鄴・濮陽・下邳の4都市+壺関の兵力65万のみで戦うつもりです。これまで転戦しまくってた丹の三侠や廉頗と藺相如、それにあらたに配下になった呂不韋もみんな鄴へと送りました。

「趙」の最後の戦いがいよいよ始まる!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント