【PC】三國志14 プレイ記 #86

EfSfwstVAAIohN7.jpg
銀英伝コラボ最後の配信内容が公開されましたねー。8/27配信とのこと。

この「三國志14」発売日からもう7ヶ月近くずっとプレイし続けてますがほんとに楽しめてます。そしてこれを購入するきっかけとなったのが「銀英伝コラボ」だったんですよねー。しかもリメイク版だけでなく旧OVA版のキャラまで配信するというのが決め手でした。まあ実際には全20キャラのうち旧OVA版はヤン・ユリアン・ラインハルト・キルヒアイスの4人だけだったんですけどね。そこはもうちょっと頑張ってほしかった気もしますが。とはいえ武将CG変更ツールが来たので名前の文字数制限さえ気にしなければなんとかなる(笑)。

そしてその銀英伝コラボ最後のキャラとコラボシナリオが8/27に配信することが決定。その日はPS4で他の新作ゲームが発売されるのでこちらをプレイするのは一週間後くらいになりそうですが(笑)。
とはいえ準備だけはしておくつもりでこつこつ新武将を作ってます。銀英伝のキャラは名前が長いのがちょっと難点ですけどね。そこをアップデートとかで緩和してくれればいいのに。

さて追加キャラは同盟はビュコック・ポプラン・フォーク・トリューニヒト、帝国はビッテンフェルト・アンネローゼ・オフレッサー・ブラウンシュバイク。リメイクアニメが原作の2巻の内容あたりをやってるらしいのでだいたい予想通りのキャラでした。個人的にはミュラーが来るかと思ってましたが。まあ彼の活躍は3巻からですしね。

そしてコラボシナリオは「251年1月 永遠の夢の中で」。原作1巻1章のタイトルをアレンジしたものですね。帝国と同盟が設定されてそれぞれにリメイク版のヤンとラインハルトが君主として1人だけ配置されるという形。
117400736_3945516858798413_860073777256077324_o.jpg
各勢力は英雄集結の縮小版みたいな感じかな?

もう一つの売りは帝国と同盟にはオリジナルの官職が設定されるよう。
EfSfxuvU8Ao65w9.jpg
軍人の階級だけに見えますが果たして。

さてこのコラボシナリオはどういうものかわからなかったのですが同盟側、というかヤン(旧OVA版)側でまずはやることは決めてました。ただ同盟の君主はリメイク版のヤン。トリューニヒトのために天下統一するのは嫌だったのですがヤンが君主というのも原作ファンからするとありえない話なんですよね。しかもこのゲーム、天下統一したら必ず皇帝になってしまうので。それともう一つはヤンが歴史を変えるということを受け入れるかどうかという問題も。まあそのへんは脳内設定とかいろいろ駆使して考えるつもりではありましたが。

あともう一つの問題はリメイク版と旧OVA版のキャラの扱いをどうするかということなんですよね。片方を偽物として駆逐する形にするか、あるいは共存させるか。しかし今回はまず同盟勢力でやりたいのでリメイク版ヤンに君主の形を取ってもらいつつ軍師は旧OVA版のヤンが担当するという形の「共闘」スタイルを取ることにします。スパロボとかで兜甲児が二人いるようなものとでも思えばいいか(笑)。
このゲームでは君主追放とか隠遁とかできませんからねー。コラボキャラは死なないですし。このへんも何とかしてほしいんですが。

そのへんの設定のイメージも大体できたのであとは準備を進めるのみ。とりあえずプレイに備えて新武将をがんがん作ります!
それからアニメのほうですが、ドリパスの企画で旧OVAの劇場版2作がイベント上映決定したんですよねー! びっくりしましたが速攻で予約しましたよ(笑)。大スクリーンで見たことは一度もないので本当に楽しみです!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント