【感想】漫画版「十角館の殺人」 2巻

連続殺人の開始。本土と孤島で謎解きが始まる。

コミカライズされてアフタヌーンで連載中の「十角館の殺人」。1巻は購入して連載でその後もずっと追ってました。

【感想】漫画版「十角館の殺人」 1巻
https://42986506.at.webry.info/201912/article_3.html
【雑記】漫画版「十角館の殺人」1巻を電子書籍で購入しました。
https://42986506.at.webry.info/201912/article_10.html

というわけで2巻が発売されたので今回も電子書籍で購入。相変わらず絵が抜群にうまいんでどのページも見てて退屈しない(笑)。エラリイとアガサのすさまじい美形っぷりも。
それからこの作画担当の「清原 紘」ですがこの人がキャラクターデザインを担当したPS Vitaソフト「特殊報道部」をプレイしたことがあるんですよね。言われて見ればこの独特の雰囲気の絵は記憶にある。

そしてミステリ研究会が合宿している角島ではついに惨劇の幕開け。「第一の被害者」オルツィが絞殺、さらに「第二の被害者」カーは毒殺。さらに二人とも死体から左手首を切断されていたという。
一方で物語のキーパーソンである故・中村千織も描写されてますね。こっちも美人。

原作を知ってるので当然犯人もわかってて読んでるわけですがそれでもなお面白い。その辺の描写も注目して読んでるとかなり工夫されてますね。うまいなあ。

十角館と中村青司の青屋敷跡が地下でつながっていたことを突き止めたエラリイ。果たして連続殺人を食い止められるのか。


十角館の殺人(2) (アフタヌーンコミックス) - 綾辻行人, 清原紘
十角館の殺人(2) (アフタヌーンコミックス) - 綾辻行人, 清原紘


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント