【感想】半沢直樹 (2期) 全10回

ドラマ「半沢直樹」の第2シーズンを全話視聴しました。

2013年に社会現象となった「半沢直樹」がこの2020年に第2期が放送。直前にはスピンオフドラマもありましたねー。

【感想】半沢直樹 全10回
https://42986506.at.webry.info/201309/article_19.html
【感想】ドラマ「半沢直樹Ⅱ エピソードゼロ 狙われた半沢直樹のパスワード」
https://42986506.at.webry.info/202001/article_3.html

前回の1期は後半から見ましたが今回は最初からずっと視聴しましたよ。しかしまあドラマチックで面白かったですねー。毎回クライマックスというか。とはいえ半沢は相手が悪党だからこちらもどんな手をいいという感じで毎度やりたい放題でしたね(笑)。いわゆるアンチヒーローというか。
そして俳優たちの派手な演技合戦も毎回盛り上げてくれましたねー。主演の堺雅人が受け止めてくれると信じてるからこそやれたともいえるんでしょうけど。

原作は読んでないんですけど前作のボスだった大和田は本来は登場してないらしいですね。しかしこのドラマではものすごい存在感でしたが(笑)。原作を知らないですけど好評だったところをみると原作ファンからも「これはこれであり」と思ってもらえたのかな。というか演技とストーリーの面白さで黙らせたというか。

前作ではやりたい放題の半沢が最後は出向という形でそれなりにしっぺ返しを食らったような終わりでしたが今度はガタガタの東京中央銀行を立て直すために残って頭取を目指すという道を。それをたきつけた大和田が最後に破いて宙にまいた半沢の退職願がなんだか門出を祝う花吹雪っぽく見えたような気も。

原作はその後のストーリーは描かれてないのでどうなるかわかりませんが、続きの原作がたまったらまた7年後くらいにシーズン3を作ってほしい気がしますね。
全10話、楽しませてもらいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント