【感想】OVA「銀河英雄伝説」本伝・第4期 87~99話

20298004_1_9_8b.png
原作9巻・回天篇にあたるエピソード「嵐の予感」から「未来への助走」までを久しぶりにdアニメストアで視聴しました。

【感想】OVA「銀河英雄伝説」本伝・第3期 55~64話
https://42986506.at.webry.info/202011/article_6.html
【感想】OVA「銀河英雄伝説」本伝・第3期 65~76話
https://42986506.at.webry.info/202011/article_12.html
【感想】OVA「銀河英雄伝説」本伝・第3期 77~86話
https://42986506.at.webry.info/202011/article_15.html

本伝1~3期までと外伝全てを原作も読み返しながらの再試聴。そしてついに最後の本伝4期にたどり着きました。実はこの4期を一番楽しみにしてたんですよね。本伝に関しては1~3期まではそれこそ何度繰り返し見たかわかりませんが4期だけはそれほど多くは見てないわけで。もちろん好きなシーンとかは見返してましたけど通しての視聴はそれほどでもない。理由としては3期のラストでわりと満足してしまったのと、やはり何と言ってもヤンがいなくなったことですね。ヤン個人がいないということ以上に他のキャラクターたちがやはり輝きを失ってる部分も多いので。ヤン・ファミリーの面々は何といってもヤンと絡むことで魅力を引き出されてましたからねー。それは最大の敵手であるラインハルトもまた同様で。逆に言えばラインハルトが先に死んでいたらヤンの魅力も半減していたかも。
ただ今回はこれまで以上に「銀英伝はユリアンの物語」としてストーリーを追いかけていたのでむしろこの4期をこそ改めて視聴して見たかったんですよね。

〇ロイエンタール叛乱

リップシュタット戦役のラストからずっと描かれ続けていたロイエンタールの中に潜む野心。これがついに叛乱という形になって現れるわけですが、もうこの4期前半は完全にロイエンタールが主人公になってますね。そのせいで本伝でありながら外伝というか番外編的な印象も受けますが、実に彼らしく死んでいったというか。最後にヤンと同じ年に生まれて同じ年に死んだというナレーションが入りますが、そういう意味ではヤンと対照的なキャラでもあったんですよね。同じ名将ではあっても平和な生活を望んでいた男と平和に耐えられない男という。もしこの二人が対面して会話するシーンがあったらお互いどういう印象を受けるのかちょっと興味がありますね。トリューニヒトに対する強烈な嫌悪感と恐怖心というのは両者に共通していましたが、最後にロイエンタールがトリューニヒトを射殺したことで歴史に大きな変化が起きたかもしれないんですよね。
いずれにしても最後まで本当に魅力的なキャラでした、ロイエンタールは。声優の若本規夫の演技も堪能できましたね。

〇ヤンを失っても戦い続けるイゼルローン

アッテンボローたちがこれまで無責任な提案をしても結局はヤンが正しい選択をしてくれていたわけですが、ヤンの死によってそれぞれが責任の重さを分担して背負うことになったんですよねー。ヤンという超人に頼れなくなったことは結果的に彼らの自立を促し本当の意味での民主主義に向かい始めたわけで。
ヤンは理想にこだわり続けたわけですがそれは生きているときはマイナスに働いていても死後はむしろその姿勢が多くの人の指針になったんですよね。ヤンは理想に殉じた思想家ともいえるわけで、だからこそその思想が受け継がれていくというのは孔子とかそういう偉大な人々と同様なんだと。これまで帝国の善政による支配を受け入れかけていた旧同盟市民も立ち上がり始めたのも大きい。ラインハルトは人民に必要なのは公正な裁判と税制度だけと言っていましたが、それだけでなく人は自由を求めるものですからね。

それから政治指導者の地位にはフレデリカが就きましたが、彼女は同盟でクーデターを起こしたドワイトの娘なんですが誰もそんなことを問題視してないんですよね。これはやはり彼女がヤンの妻となったことでみんなの認識が上書きされてしまったのかな。もちろんただ妻だったというだけでなく公私に渡ってヤンをどんな時も献身的に支えてきたという彼女の行動に敬意を払われてるからでしょうね。フレデリカからしたら人生詰みかけるほどの危機を二度もヤンに守られてるのでそんなことは何ら苦ではないにしても。彼女はグリーンヒルという姓を捨ててないので父のことで逃げ隠れする気はないんでしょうけど、同時に亡き夫が「ヤン」という姓によって死後も守り続けてるんですよね。
フレデリカの適正はあくまで補佐役なので指導者に向いてるわけではないと思いますが、それでもヤンという「父親」を失ったイゼルローンのドラ息子たちの母親役として自分にできることを全力でこなしてるんでしょうね。


いよいよ残るは100~110話のみ。再読してる原作ももうすぐ読み終えますが、それと同時にOVAも完走したいですね!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント