【感想】大河ドラマ「麒麟が来る」総集編

2020~2021年にかけて放映された大河ドラマ、総集編全4回を視聴しました。

第1回「美濃編」午後1時5分~午後2時
第2回「上洛編」午後2時~午後3時
第3回「新幕府編」午後3時5分~午後4時20分
第4回「本能寺編」午後4時20分~午後5時35分

と、約4時間半にわたって放映された「麒麟が来る」の総集編を視聴。美濃編以降は忙しかったりでしっかり見られてなかったのでありがたい。本編を帰蝶の語りで振り返るという形式ですね。

総集編はいきなり本能寺の変からスタート。どうしとここに至ったのかということを描く形ですね。美濃編はしっかり見てたので懐かしい。
上洛編でも本能寺の描写から。なるほどこういう感じで進めて行くのか。この上洛編の前半、桶狭間までは毎週見てた記憶。
新幕府編や本能寺編は飛び飛びに見てたんですが意外と重要な回は外してなかったのでそんなに見たことないシーンは少なかったですね。ただ足利義昭が民のことを思う将軍として描かれてたのは面白かった。

しかしこうして通して見るとやはりストーリーがわかりやすいですね。いい編集になってたんじゃないかな。しっかり最後まで長時間見られましたし。信長と光秀の関係に絞ってたところが良かったのかも。
ただ、本能寺の変で信長を討ったところでストーリーが終わるというのは珍しいですね。ドラマでは生存も匂わせるようなラストにしてましたが。そういうIFストーリーも探せば架空小説に転がってそうですねー。

何にせよ、約4時間半楽しめました!


大河ドラマ 麒麟がくる 完全版 第壱集 ブルーレイ BOX [Blu-ray] - 長谷川博己, 染谷将太, 門脇麦, 岡村隆史, 木村文乃, 石川さゆり, 西村まさ彦
大河ドラマ 麒麟がくる 完全版 第壱集 ブルーレイ BOX [Blu-ray] - 長谷川博己, 染谷将太, 門脇麦, 岡村隆史, 木村文乃, 石川さゆり, 西村まさ彦

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント