【感想】映画「ディエゴ・マラドーナ 二つの顔」

unnamed.jpg
サッカーの天才・マラドーナのドキュメンタリー映画、初日に観てきました!

2020年に60歳で亡くなったディエゴ・マラドーナのドキュメンタリー映画、これはぜひ見たいと思ってたんですよねー。もともと亡くなる前の2020年4月に公開予定だったんですけどね。しかしようやく観ることができる。というわけで新宿ピカデリーに行ってきました。ムビチケも購入していたので待ち受けもゲットできましたよ。

【雑記】2/5公開、「ディエゴ・マラドーナ 二つの顔」のムビチケを購入しておきました。
https://42986506.at.webry.info/202102/article_1.html

しかも最大スクリーンである1番スクリーンで上映ですからねー。内容的にはサッカー選手としてよりも私生活のほうにスポットを当てた作品と事前には感じていましたが果たして。
入場の際にはランダム2種でキャプテン翼の原作者である高橋陽一描き下ろしのマラドーナポストカードをもらえました。
DSC_0536.JPG



というわけで上映開始!
いやー面白かった、そして素晴らしかった!
物語は冒頭にマラドーナの経歴が紹介されますが、ほぼ9割はナポリ時代ですね。1984~1991年までの彼のナポリとそしてワールドカップでの選手生活を映してますが、心配してた「試合をどのくらい見せてくれるのか」ということに関しては文句のつけようがないくらいこれでもかと見ることができて大満足(笑)。ていうか、試合もプライベートもこんなに映像があったんだと驚かされてばかりでしたねー。

入団会見をスタディオ・サン・パオロ(今のスタディオ・ディエゴ・アルマンド・マラドーナ)で行うんですが、劇場の大スクリーンでのつめかけた観客の迫力とものすごい熱狂の声がほんとにすごい!
これはテレビ画面ではちょっと体験できないですねー。その後の試合も映画館で観る過去のサッカーの試合ってこんなすごいのかと大興奮でしたよ。マラドーナを好きと言う人だけでなく、サッカーファンなら体験しておいたほうがいい映画ですね、絶対に。

ほんとにナポリ時代を順を追って描いてくれてるのでマラドーナの半生を体験できた感じ。ナポリ入団当初はイタリアの荒いサッカーに苦しんでいてなかなか勝てなかったというのもそこまで詳しくなかったので面白かった。とにかくタックルやチャージが今のルールでは許されるはずもないくらいとんでもないですね。よくキャプテン翼の無印当時のラフプレイを批判する人がいますが、これに比べたらかわいく見えてくる(笑)。ほんとうに殴る蹴るをマラドーナがされまくっている。しかしイタリアサッカーに順応して、「蹴られる前にかわす、蹴られても体勢を立て直してプレイをやめない」というすごさに改めて度肝を抜かれますね。

そこから1986年のメキシコW杯。GLのイタリア戦と準々決勝からのイングランド・ベルギー・西ドイツとの試合が。マラドーナの全ゴールを観ることができましたよ。イングランド戦の前はフォークランド紛争の映像も流れてあの試合の意味もよりわかりますね。大スクリーンで見るマラドーナの5人抜きはこれまで見た以上の衝撃でした。

さらにそこからセリエAで初のスクデットを獲得。南部のナポリが北部のサポーターからものすごい侮蔑の言葉や弾幕を投げつけられてるところも映像に残っていてそのぶんどれだけの偉業だったのかがよくわかりますねー。ここまでで映画の前半くらいでしたがほんとに栄光の時代、絶頂期という感じですね。ただここからだんだんマラドーナの生活に影が。

イタリアマフィア・ジュリアーノ一家とのつながり、恋人の一人に産ませた私生児、コカイン……。このへんからじわじわと破滅が忍び寄ってきていますがそれでもUEFAカップ優勝や二度目のスクデットなど活躍は止まらない。しかし1990年のイタリアW杯・準決勝で開催国イタリアをナポリで破ってしまったことで完全にイタリアの敵となってしまうことに。マフィアとのつながりや麻薬所持を暴かれ、最後はドーピング違反で出場停止処分を受けてイタリアを追われることに。検査の基準が厳しくなったというのもありますが、出場停止になったのはマラドーナが初めてだったというのは知らなかった。

この後はエピローグのような形で2004年のテレビ番組で涙を流す姿や認知していなかった息子と対面して抱き合うシーンも。130分の映画でしたがテンポもよくてまるで退屈せず面白かった!
選手生活の晩年はつらいものであったのも確かでしょうが、それも含めて本当にドラマティックですごいスーパースターだったのがわかりますね。


観て本当に満足できた映画でしたよ。これはぜひとも映画館で観るべきですねー。上のほうでも書きましたが、サッカーファンなら間違いなくお勧めできる映画、そしてサッカーファンでない人でもエンターテイメント映画として絶対に楽しめると思いますよ!





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント