【感想】映画「E.T.」(吹替版)

スピルバーグ監督による1982年の映画、WOWOWで放送されたものを視聴しました。

超有名な映画である「E.T.」ですが、実はこれしっかり見たことなかったんですよねー。それでもあらすじとか自転車で空中浮遊したりとかのシーンは知ってますけど。日本でも配給収入96億円、興行収入にすると135億で歴代15位なんですねー。すごい。
で、ちょうど加入しているWOWOWで吹替え版が放送されていたので録画視聴しましたよ。

物語は宇宙船から取り残された地球外生命体「E.T.」が主人公の少年エリオットと彼の兄と妹と友情をはぐくみつつ、最後は仲間の迎えで旅立っていくというもの。シンプルですがテンポよくて感動的な話でしたねー。E.T.は着ぐるみとか使って再現してたのかな。不気味な外見ながらもどこかユーモラスなE.T.がほんとに魅力的。物体を持ち上げる強大なサイコキネシスとかエリオットの肉体とリンクして感情を共有する不思議な能力を持っている宇宙人でSFというよりファンタジー映画の側面のほうが強いんですね。
映像は主人公たち子どもの目線で描かれてるので大人たちが途中まで腰より下くらいしか映らないようにしてるのかな。

日本や世界でヒットしたのもよくわかる夢のある物語でした。


E.T. [Blu-ray] - ディー・ウォーレス, ヘンリー・トーマス, ロバート・マクノートン, ドリュー・バリモア, ピーター・コヨーテ, スティーヴン・スピルバーグ
E.T. [Blu-ray] - ディー・ウォーレス, ヘンリー・トーマス, ロバート・マクノートン, ドリュー・バリモア, ピーター・コヨーテ, スティーヴン・スピルバーグ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント