【感想】風の戦士ダン 1~3巻

島本和彦の初連載漫画、期間限定無料配信されてたので読んでみました。

今年の5月にHuluでドラマ「アオイホノオ」を視聴、ついでに島本和彦の原作漫画も漫画喫茶で読んだんですが。

【感想】ドラマ「アオイホノオ」1~5話
https://42986506.at.webry.info/202105/article_13.html
【感想】ドラマ「アオイホノオ」6~11話
https://42986506.at.webry.info/202105/article_14.html
【雑記】漫画「アオイホノオ」を最新巻まで読み終えました。
https://42986506.at.webry.info/202105/article_20.html

ただこの原作漫画の中で興味をひかれたのが島本和彦の初連載作品「風の戦士ダン」。島本和彦の初連載って「炎の転校生」だと思ってたのでそれより前に連載してたとは知りませんでした。しかも「美味しんぼ」とかで有名な雁屋哲だという。「アオイホノオ」の中では島本和彦をモデルにした主人公・炎尾燃がどうやってこの「風の戦士ダン」の連載に至ったとかそこでどう悪戦苦闘しながら描いていたかなんてことが語られてたんですよね。そのへん面白かったんですけど肝心の本編は部分的にしかわからないし、そもそも「アオイホノオ」の中で挿入されている原稿は新たに描いたのか当時の絵なのかも判断できなくて。

しかしなんと「アオイホノオ」第2部のコミック発売ということでReaderで島本和彦の作品を1~3巻までという形での期間限定無料配信、しかもその中に「風の戦士ダン」も!
こんなおいしい機会を逃すわけにはいかないというわけで、「風の戦士ダン」と「炎の転校生」をとりあえずダウンロードして読んでみました。


で、感想なんですが。 ……新人にしては絵がうまくないか?!

島本和彦は「アオイホノオ」の中で自分の画力には自信がないことを何度も語ってるわけですが。他の新人漫画家たちに衝撃を受けてるシーンとかもよく出てきますしね。しかし僕からしたら新人でこれだけ描ければたいしたものなんではと思ってしまう。特にキャラの絵がちゃんと魅力的に描けてますよねー。新人なんてもっとヘタクソなレベルからスタートしてどんどん連載していくうちに上手くなっていくというイメージなんですけど。それとも島本和彦の時代はこれくらいは当たり前だったのだろうか。

ストーリーは超忍(スーパーニンジャ)、恐車一族と神魔一族との戦いを描いたもの。しかしド新人の島本和彦が雁屋哲のハードな原作をどんどんコミカルな自分の作風に寄せて描いてるというのが面白い。そのへんの裏事情も「アオイホノオ」で語られてましたしね。ていうか島本和彦の作風って初連載の時から良くも悪くも全く変わってないんだなあ。


こういう貴重な過去の作品を読む機会ができて楽しめました。ついでに「炎の転校生」も読んでおいたのでこれから「アオイホノオ」でどういう風に制作秘話が語られるのか楽しみですね!


風の戦士ダン(1)【期間限定 無料お試し版】 (少年サンデーコミックス) - 雁屋哲, 島本和彦
風の戦士ダン(1)【期間限定 無料お試し版】 (少年サンデーコミックス) - 雁屋哲, 島本和彦

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント