【感想】スーパーロボット大戦OG -ジ・インスペクター- Record of ATX 全7巻

八房龍之助によるスパロボコミック「ジ・インスペクター」前編7巻を電子書籍で購入しました!

このスパロボコミック、前シリーズの「ディバイン・ウォーズ」全5巻と一緒に4巻までは買ってたんですよね。しかしそれっきりになってたんですが8/27からスパロボOG展が開催されたり新作のスパロボ30でOGユニットがSRXとサイバスターも含めて6体参戦するということもあってちょっとOG熱が久々に。そんなわけでこのコミックも読みたくなってきたわけで、しかもちょうどいい機会にReaderでカドカワコミックが30%OFFという。というわけで1~4巻も買い直して電子書籍で7巻全部購入しましたよ。

ストーリーのほうは「ジ・インスペクター」の開始からシャドウミラーに敗北してキョウスケのアルトアイゼンは大破、ダイテツ艦長は戦死、エクセレンはアインストに連れ去られるという最悪の状態まで。アニメやゲーム以上に「惨敗」って雰囲気が出てましたねー。

そして久しぶりに読みましたがやはりこの人の漫画はいい意味での「ごちゃごちゃ感」が楽しいですね。大ゴマをあまり使わず小さなコマにいろいろ描きまくってるとことか、戦闘自体もいろんな場所での戦いが並行して描かれてるのでそれを追っていくので退屈しない。それから女性キャラは肉感的でエロいんですけど下品にならないぎりぎりのラインを保ってる作画なのも特徴的かも。後は悪党をほんとに楽しそうに描いてるのが伝わってくる(笑)。アーチボルドとか特に。

それから印象的だったのはキョウスケがアクセルに敗れて殺されかけてた時のエクセレンの反応ですね。どんな時でもノリの軽さを捨てないおちゃらけ姐さんのエクセレンが必死の形相で救出に向かう姿はめったに見られるものじゃない。一方でキョウスケもアインストに連れ去られた後で現れたエクセレンが偽物と即座に見抜いたり、この二人が深いところではほんとにお互いを大事に思ってるという絆がしっかり描かれてて実にいい。

しかし7巻でどういう区切りにするのかと思ったら普通に「次回に続く」みたいな引きでしたね(笑)。次からは「BAD BEAT BUNKER」という副題がついての仕切り直しになるようで。もうすでに7巻出てるみたいですね。8/26まで30%OFFセールが続いてるのでこのまま買っちゃおうかな(笑)。アニメのほうも久々に見返してみたいかも。


スーパーロボット大戦OG ‐ジ・インスペクター‐ Record of ATX Vol.7 (電撃コミックス) - 八房 龍之助
スーパーロボット大戦OG ‐ジ・インスペクター‐ Record of ATX Vol.7 (電撃コミックス) - 八房 龍之助

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント