【感想】小説「兇人邸の殺人」

「屍人荘の殺人」シリーズ3作目を読みました。

【感想】映画「屍人荘の殺人」
https://42986506.at.webry.info/201912/article_14.html
【感想】小説「屍人荘の殺人」
https://42986506.at.webry.info/202001/article_19.html
【感想】小説「魔眼の匣の殺人」
https://42986506.at.webry.info/202008/article_18.html
【感想】小説「〈屍人荘の殺人〉エピソード0 明智恭介 最初でも最後でもない事件」
小説
https://42986506.at.webry.info/202009/article_8.html

映画をきっかけに原作も読み始めてましたがようやくこの3作目、「兇人邸の殺人」を読みました。


さてこれまでの2作では「ゾンビ」、「未来予知」と普通のミステリにはありえないような要素が入ってきてたわけですが今回もとんでもない。班目機関の秘密を探るべく、学生探偵・剣崎比留子と葉村譲はなんと傭兵部隊と共に廃墟が売りのテーマパークにある「兇人邸」に潜入することに。社長の成島とその秘書・裏井に比留子の3ヶ月周期で事件と遭遇する体質を期待されてと言うことなわけですが、どの道事件に巻き込まれるなら最初から対策できてたほうが安全と言うことで承諾。葉村もついていくことに。偽名を使う6人もの外国人傭兵部隊(ボス・アウル・アリ・コーチマン・チャーリー・アウル)を引き連れて密告者の外国人労働者・グエンの手引きで兇人邸に潜入、というより強引に押し込むことに。中にいた主人の不木と使用人である高齢の男女2人(雑賀・阿波根)、そしてスクープ狙いでたまたま近くで取材していたフリーライターの女性・剛力も拘束。計14人が出入り口が一つしかないこの建物の中に存在しているわけですが。

しかしそこで遭遇したのは体長2メートルを超える隻腕の巨人! 傭兵たちが瞬く間に2人も首だけの死体にされてしまうという衝撃の展開からスタートすることに。もはや推理がどうこうとかいう意識が吹き飛びますね(笑)。1作目もそうでしたがパニックホラーというべきか。一夜のうちに5人(アリ・コーチマン・チャーリー・グエン・不木)が死亡、さらに比留子は行方不明、屋敷からの脱出不可能というとんでもない状況に。

班目機関の40年以上前の実験で子供たちに身体能力向上の実験をしていたことも同時進行で描写されてますが、100m11秒台で走る小学生女子や鼻の骨が折れても3日で治る少年など人間離れした肉体を与えられていた様子。拳銃で撃たれても平然としてトップアスリートを超えるスピードで動く巨人もおそらくこの実験と関係しているということか。ここで出てくる子供たちはケイ・ジョウジ・コウタという名前。大人は羽田先生と不木という2人の研究者。

ようやく比留子の隠れ場所がわかったものの隔離されていて鉄格子の窓からしか会話できない状態。おまけに5人のうちの1人は巨人以外に殺されたらしく、葉村は比留子の推理に期待するものの当人は余計なことをして葉村が危険な目に遭うことを考えて何もしようとしない。
このへんが普通の探偵ものとは違うこの作品ならではのところですね。比留子は使命感や正義感で探偵してるのではなくあくまで自衛のためという。ただその自衛に葉村も含まれるようになったわけですが。一方で葉村は震災経験者だったり先輩の明智が無関係の人をかばって死んだこともあって他人はどうでもいいという考えにはどうしてもなれないのかもしれませんね。

と、とこまで読んだ時点で推理物だということを思い出すことに(笑)。40年前の少年少女3人は身体もいじられてるので老化してない可能性もあるんですが、隻腕の巨人とこの生存者8人(成島・裏井・ボス・アウル・マリア・雑賀・阿波根・剛力)の中にいる可能性もあるということですね。さすがに比留子と葉村は除外するとして。僕はミステリを読む時に特に犯人当てとかはせずにストーリーだけ楽しむ方ですが今回はちょっとそれも意識しながら読むことにしました。


……というわけで読み終えましたが、犯人に関しては全員疑わしい感じだったので判明するまではわかりませんでしたね。ただ登場人物紹介を改めて見るとひっかけと違和感の2つがあるのがわかりますが。
いずれにしても比留子と葉村は今回も生還。2人とも少し成長できたというエピソードになりましたね。そして班目機関の謎はまだまだ続くよう。


次回作がいつになるかわかりませんがその時を楽しみにしてます!


兇人邸の殺人 屍人荘の殺人シリーズ - 今村 昌弘
兇人邸の殺人 屍人荘の殺人シリーズ - 今村 昌弘

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント