【感想】龍虎王伝奇 完結編 (スーパーロボット大戦OGサーガ)

伝奇4.jpg
龍虎王スピンオフコミック、完結編まで全て読破しました!

電子書籍で購入した龍虎王伝奇、これまでに電子書籍で上下巻を読み終えてましたが。

【感想】龍虎王伝奇 上巻 (スーパーロボット大戦OGサーガ)
https://42986506.at.webry.info/202111/article_12.html
【感想】龍虎王伝奇 下巻 (スーパーロボット大戦OGサーガ)
https://42986506.at.webry.info/202111/article_15.html?1637010672

今回でいよいよ完結編。スパロボ30で龍虎王が配信される前に全巻読むことができましたよ。この完結編は2017年に発売されたようですが、150ページ以上描き下ろしてるとのこと。この完結編はまるまる第2部が3~8話収録されてますけど、6話までは単行本未収録だったということなのかな。

さて、本編に入る前にいきなり登場人物紹介欄にある涼夜の姓が「稲郷」とのネタバレが。読み進めると隆馬の弟・信馬がかなり年を取ってからできた娘みたいですね。隆馬の姪、そして飛麗にとっては同世代の叔母ということに。さらに潜水母艦「魁龍」の乗組員の中には桂馬という稲郷一族の人間も。時代設定は下巻で推測した通り、第二次大戦直前くらいの時期のようですね。

襲い来るバラルの幹部として四仙の1人、「泰北(たいほう)」が登場!
第2次OGにも出てきた敵ですねー。夏喃(かなん)のほうは名前しか出てきませんでしたが。バラルの猛攻にさらされてついに龍虎王が目覚めることに。龍王機には飛麗、虎王機には「巫女(イルイ)のできそこない」美曜が搭乗。

そしてついに孫光龍の操る四霊の超機人「霊亀皇」が現れる。ガンエデンを目覚めさせようとする孫光龍に対し、「オーダー」は龍虎王と4体の鋼機人「光雀」「嵐武」「轟龍」「雷虎」が合体、さらに「魁龍」を斬艦刀とした「五鋼合体魁龍虎王」で最後の攻撃を仕掛ける。それごと破壊しようとした孫光龍、しかしともにいたV・Bことヴァレリー・フォン・ブランシュタインによって阻止され眠りにつくことに。

エピローグでは飛麗のひ孫・稲郷兵馬の時代に。飛麗は桂馬と結婚してたんですねー。飛麗も稲郷の血を引いてますけど孫の代まで来てますし血族と言っても桂馬は兵馬や信馬の子や孫ではないっぽいですし問題はないはず。涼夜もエドワード・グリムズと結婚したようで。その子孫がアーチボルドと考えるとまた複雑なものがありますね。そもそもライたちの時代にはブランシュタイン家と宿敵のはずだったグリムズ家がこの時代では仲良くしてたというのもなかなかの皮肉というか。


というわけで全3巻を読み終えましたが、やはりもう一回、第3次αや第2次OGをプレイしてみたいですねー。読み終えた後だと全然見え方が変わるでしょうし。第3次αに関してはPS2なのでいまではちょっとプレイできないのが残念なところ。第2次OGはかろうじてまだPS3が動くので買い直すこともできますが、ロード時間とか考えるとリマスターなりして欲しいですねー。


なんにしてもスパロボ30の龍虎王配信前に全巻読み終えられてよかった。龍虎王の新たな世界での戦いをこれからプレイします!


スーパーロボット大戦OGサーガ 龍虎王伝奇 完結編 (電撃コミックスNEXT) - 富士原 昌幸
スーパーロボット大戦OGサーガ 龍虎王伝奇 完結編 (電撃コミックスNEXT) - 富士原 昌幸

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント