【PS4】スーパーロボット大戦30 プレイ記 #20

龍虎王.png
DLC第1弾と追加アップデート配信! 龍虎王がついに我が手に!

3周目プレイ開始! DLC第1弾配信前に地上ルート4話+サイバスターシナリオまで進めておきました。
https://42986506.at.webry.info/202111/article_14.html

ついにこの日が来ましたね! DLC追加プレイアブル機体第1弾が配信される日が! 本来の配信は11/19ですけどデジタルデラックス版を購入してるので2日前に使えますからねー。スパロボ30は直前までパッケージ版で買うかデジタルデラックス版を買うか迷ってましたけど決め手になったのは龍虎王(虎龍王)の参戦でした。スパロボOGで一番好きな機体ですからねー。欲を言うならさらにDLC第3弾でOG機体を配信してほしいくらい。
2周目をクリアして3周目もDLCエリアミッションがすぐにプレイ可能な状態まで進めているので準備は万端。さらに今日は休みなので午前8時からプレイ可能!

8時にPS4を起動してみましたがアップデートは無し。ゲームをスタートしてみても追加ミッションもないんですよねー。とりあえずストアに行ってみるとDLC第1弾だけはダウンロード可能なのでしておきましたがアップデートがないのでプレイは出来ず。まさかこのまま何時間も待たされるのかと不安になりましたが、8時20分ごろにはようやくアップデート可能に。安心しました。

というわけでいよいよプレイ開始!
まずは最初のエリアミッション「来訪者」をプレイ開始。登場するのはサクラ大戦の大神が乗る光武二式とボルテスⅤ!
BGMは普通にプレイしてるとスパロボ30オリジナルのままなので当然変更。さしあたり大神はスパロボ30バージョンのゲキテイ、ボルテスⅤは用意してたボーカルバージョンの主題歌を設定。
能力的にはボルテスはコンバトラー同様5人乗りですけど精神コマンドの配置はちょっと違いますね。めぐみはちずるみたいにサポート特化ではなく加速と先見ですしね。武装はまだ超電磁ゴマまでしかないので今後解禁されるということか。
一方でかなり面白いのが大神。指揮官スキルだけでなく援護防御が強化される「かばう」や隊長コマンドの「風林火山」が。これはいろいろ試してみたい。
さしあたりこのミッションは無料で配信されてることもあってボルテスも大神も戦闘後に消えることに。それとベルトーチカが謎の機体を運んでるシーンも。当然、Hi-νガンダムでしょうねー。

このミッションをクリアすると3つのミッションが新たに出現。「帝都は遠く」「戦いの渦へ」「龍虎見参」の3つでそれぞれサクラ大戦・ボルテス・龍虎王でしょうね。出現ポイントが「戦いの渦へ」はマニラなのが面白い。フィリピンでボルテスⅤはすごい人気らしいのでその辺のファンサービスかな。

どれを選んでも良いわけですが、僕は当然「龍虎見参」をセレクト! 
出現場所は台北。果たしてどの世界から来るのかと思ってましたがやはりα世界からのよう。ただそうなると同じATXチームであるキョウスケやエクセレンとは面識ないということになりますね。

2人の初期ステータスは防御以外はブリットが全て上。ただしクスハのほうが念動力レベルが1つ高いですね。
クスハ初期ステータス.jpg
ブリット初期ステータス.jpg
武装のほうもまだすべて解除されてないので今後のパワーアップイベントが楽しみ。クスハが何か恐怖や不安を感じていて力を出し切れないというのも影響してる様子。それを励ます恋人のブリットに勇気づけられるクスハ。ちなみに戦闘でのカットインは私服ではなくパイロットスーツですね。

ミッションクリア後はドライストレーガーに合流。先にマサキを加入させておいたので会話でお互い同じα世界から来たことも確定。マサキはブリットたちの世界では前日にいなくなったとのことなので時間の流れが違うよう。クスハがミツバに対して不安を感じてるのはやはりエーオスの影を感じ取ってるからだろうか。

それからミッションクリアでもらえた強化パーツは「謎の健康ドリンク」(笑)。SP100回復+気力MAXというすぐれもの。このクスハ汁はもちろん龍虎王につけておきます。


というわけで待望の龍虎王を獲得! ここからまずはサクラ大戦5人とボルテスⅤ、さらにギリアムを仲間に入れます! Hi-νガンダムだけはそう焦らなくても良さそうですが。どんなストーリーが待っているのかほんとに楽しみです!


【PS4】スーパーロボット大戦30
【PS4】スーパーロボット大戦30



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント