スーパーロボット大戦OG ダークプリズン プレイ記 #3

8tnu010000azbjzh.png
20話までクリア。シュウの戦いにひとつの決着が。

6話まで進行。サフィーネとヨンが仲間に。
https://42986506.at.webry.info/202201/article_5.html

シナリオをどんどん進めてますが、戦力のほうはグランゾンをちょっと改造してやったら強い強い。MAP兵器のグラビトロンカノンで雑魚敵を簡単に一掃できますしねー。とりあえずグランゾンは全て5段階改造、他の味方機体も改造していくことに。

ストーリーのほうはシュウに対して復讐心を持ちつつも複雑な感情を抱き始めてるアルバーダが面白い。シュウのほうもなぜか自分の本心を彼に対して語ったりしてますしね。単純にウマが合うという2人なのかも。最終的にアルバーダは死ぬはずなのでどういうドラマが待ってるのか注目ですね。

それからサフィーネとセレーナもコンビで行動していることが多くてだんだん仲良くなってますね。こういうサフィーネの姿も新鮮というか。一方でサフィーネの名言、「心はいつでも処女なのよ!」がちゃんと今回も収録されてましたね(笑)。ほんといいキャラしてるなあ。アルバーダとセレーナはシュウが邪神を復活させようというのを知っていながら自分たちのミッション優先で協力するというドライさも普通の味方キャラにはない姿なので新鮮ですねー。もともとシュウルートはスパロボEXでも敵キャラを味方として使うという面白さがあったわけですが。

味方戦力はモニカとテリウスという二人の王族が味方になり、さらに魔装機ソルガディ操者のアハマドも仲間に。そしていよいよ迎えた20話のヴォルクルス復活でシュウの真意が明らかに。
スパロボEXをプレイしてるからわかってるとはいえこの展開はほんとにゾクゾクきますよねー。自分を支配して自由を奪っていたのが許せないからわざわざヴォルクルスを復活させて滅ぼすというシュウの発想。これこそがシュウのシュウたるゆえんであり魅力でもありますね。ネオグランゾンにパワーアップしての無双も最高(笑)。ヴォルクルスは強敵ですけどネオグランゾンの縮退砲の射程だと反撃されずに削って行けるので楽に倒せますね。ビーム攻撃をしなければ回復もしませんし。

そしてシュウを愛してついてくるモニカとサフィーネもキャラは面白いけどその覚悟は本物なんですよね。ヴォルクルスの生贄にされる可能性があっても揺らがないモニカ、ヴォルクルスの名を受けていながらシュウの側につくことを決断するサフィーネと。サフィーネはスパロボEXほど露骨なセリフではありませんが、「シュウ様とラブをメイキングするのよ!」と気合でヴォルクルスの支配をはねのけたり(笑)。


このヴォルクルス戦でラストだと思ってたので20話で決着がついたのは意外でした。ここから先はどういう話になるのか全く知らないので(ムーンデュエラーズのダイジェストで見たはずですが覚えてないので)未知の領域。果たしてどういう結末を迎えるのか!



スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE & スーパーロボット大戦OG ダークプリズン - PS3
スーパーロボット大戦OG INFINITE BATTLE & スーパーロボット大戦OG ダークプリズン - PS3

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント