【感想】学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 北米版【Blu-ray】

北米版BD BOXの感想です。

「学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD」のBDは全部購入していますが、北米版にも手を出してみました(笑)。
まあ英語音声を聞いてみたかったというのが一番の理由ですね。
というわけでアマゾンで購入してみましたが。

通常のBDパッケージ内にディスクが2枚。

・ディスク1には本編1~8話。 
・ディスク2には本編9~12話と特典映像としてノンテロップOPとED。

…日本版よりある意味、豪華じゃないか(笑)。ショートノベルがついてないくらいですねー。
映像自体も特に劣化してるわけでもないし、おまけに英語音声と日本語音声、さらに英語字幕も付けられるとは想像以上の内容です。字幕を消して日本語で聞けば日本版と何も変わらないですね。
これで日本のBD1枚分くらいの値段って言うんですから円高とか差し引いてもやってられないものがあるなあ(笑)。まあ発売時期が日本より遅いですし、あくまで廉価版BOXと思えばそこまででもないか。

さて、お目当ての英語音声ですが。
想像以上に良かったですねー。まあ作品自体、デフォルメされているとはいえある程度リアル寄りの世界観ということもありますが、非常に自然な演技で聞き応えがありました。
キャラもみんなイメージにそれなりに合ってましたしねー。沙耶のきつくて頭のいいとことか冴子の落ち着いたところとか静香先生のかわいい感じとか。向こうの声優さんもうまいなあとなかなかに感心しました。

思った以上に出来が良くて楽しめました。ファンなら購入しても損はしないですね!


"【感想】学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 北米版【Blu-ray】" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント