【感想】機動戦士ガンダム THE ORIGIN II「哀しみのアルテイシア」

アニマックスで放送された安彦ガンダム第2話の感想です。

第1作が半年前にアニマックスで放送されましたが第2話も放送。

【感想】機動戦士ガンダム THE ORIGIN I「青い瞳のキャスバル」
http://42986506.at.webry.info/201511/article_14.html

いよいよ5/21からは第3作も上映ですねー。
さて今回からキャスバルは名前を改めエドワウ・マスに。声優も田中真弓から本来の池田秀一になりましたね。しかし14歳のためさすがにちょっと声が苦しいような(笑)。アルテイシアもセイラと名前を変えて富豪テアボロ・マスの養子として生活。
今回の作画ですが、前作に比べると安彦良和の関わってる量は少ないのかな? 前作は漫画がそのまま動いてるかと錯覚するレベルでしたが。
ストーリーの方は共に亡命したジンバ・ラルは反乱を察知されて殺害。難を逃れたエドワウたちはテキサスコロニーに。そこでエドワウは瞳の色以外は自分と瓜二つの「シャア・アズナブル」(関俊彦)と出会うことに。この人物と後に入れ替わってたんですねー。
ランバ・ラルがドズルの部下となったりエドワウたちの母アストライアが死亡したりといった出来事が起きていく。そしてエドワウの狂気というか危険な部分も監視者を痛めつけるシーンで描かれたり。
最後はセイラに別れを告げて士官学校に入学するシャアに同行するという終わり。本格的に物語が動くのは次回からということになりそうですねー。

そして恒例の次回作の冒頭が放送! 自分が暗殺されそうになっていることを察したエドワウはシャアをだまして入れ替わり身代わりにさせる。とんでもない外道だ(笑)。こうしてシャア・アズナブルとなって士官学校に入学。本人の知り合いもいるのでばれないようにするのが大変ですね。またどこかで闇に葬りそうですが(笑)。


というわけで続きは第3作。せっかくだから劇場に観にいってもいいかも。
機動戦士ガンダム THE ORIGIN II [Blu-ray]
バンダイビジュアル
2015-11-26

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 機動戦士ガンダム THE ORIGIN II [Blu-ray] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


"【感想】機動戦士ガンダム THE ORIGIN II「哀しみのアルテイシア」" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント