蛇口の水漏れを自分で修理しました。

ぽたぽたとうるさかったので自力で直してみました。かなり悪戦苦闘しながらも。

もう長いこと水道の蛇口から水漏れしていて「いつか直さないと」とは思ってたんですよね。緊急事態というわけではないので放置してたんですがなんだか水漏れが激しくなってきてさすがにこれはちょっとやばいんじゃないかと。

最初はポストによく入ってる業者とかに頼むのがいいのかなと思ってましたがぼったくり被害も多いようで。区役所とかに聞いてまともな業者を紹介してもらったほうが良いのかなとも思ってましたがそれでもけっこう高いみたい。数万円くらいはするみたいですし。とはいえ直さないわけにはいかないので真剣に考えてたところ、意外と水漏れくらいなら自分で直せるというのを知ってちょっと調べてみることに。

水漏れの原因は蛇口本体なのかなということでまずは取り外すためのモンキーレンチを購入。ただ最初は30mmまでのものをホームセンターで購入してみたらサイズが小さくてナットが外せないことに帰ってから気づきました。蛇口自体は直径20mmらしいことは調べてたのですがそれについてるナットのほうは確認してなかったのが不覚。使用前ということで返品できましたが大きなサイズを買わなければならない。しかしそのホームセンターよりアマゾンのほうがはるかに安く売ってることを知ったので注文。到着してから確認してみるとどうやら問題なしなのでこれで外せる。

ただその前に修理中に水が出ないように止水栓を締めておく必要があるんですが、その止水栓がどこにあるのかわからない(笑)。ふだんそんなこと気にしないですからねー。このへんもネットで調べて場所も確認できたので試しに締めてみるとなかなか締まらない。これほんとに大丈夫なのかと不安になりながらも回し続けてようやく締まりました。どっちに回せばいいのかもよくわかりませんでしたからね。締めるときはこれに限らずナットとかでも時計回りという基本もこの時知りました。ついでにこの止水栓は完全に開けるか完全に締めるかどちらかでないと水流で傷むので問題になるようですね。中途半端に開けてたりすると事故の元のようです。

次は蛇口を買わないとと思ったのですがこちらも調べてみればアマゾンで安く売ってる。このへん6月終わりにアマゾンプライム無料体験で一ヶ月加入してたので配送料とかかからずお急ぎ便とかも使えるのがありがたい。アマゾンは常に購入してるわけではないので僕はこういう加入の仕方しかしてないんですけどね。動画とかの視聴は他に加入してるので。蛇口もいろいろサイズがあるのでどれが正解かわからず時間かかりましたねー。このへんホームセンターで買えば交換も楽ですし店員さんに質問もできますから必ずしもアマゾンとかで買うのが正解とは言えませんよね。

で、蛇口が届いたのでいよいよ交換。古い物でしたが外してみると特に破損とかはしてないよう。ただ僕の水道は混合水栓という通常の水と温水の2ハンドルタイプなんですがモンキーレンチをぎりぎり差せるくらいなのでやりづらい。まあこれに関しては後で理由もわかったわけですが。いずれにせよナットがちょっと緩んだらあとは手で回して蛇口を外して買ったものと交換。これで水漏れ解消! ……と思ったら変わらない。

まあそうなる可能性も考えてましたけどさすがにちょっとショック。やっぱり自力では無理なのかと思ってたら「ケレップ」のほうが問題の可能性もあるとネットで知ることに。そもそもケレップってなんなのかと思ったら蛇口のハンドルを上下させるスピンドルの底についてるゴム部分のパッキンだそうで。ただ蛇口のハンドルってどうやって外すのかと思ったらひねる部分の上部のカバー(水は青で温水は赤のマークの箇所)はパカっと簡単に外せてびっくり。こんなこと知らなかった(笑)。

で、ケレップを注文したわけですがこちらもサイズが複数あってよくわからない。13mmのほうが一般的なようですし翌日には届くので注文することに。値段は100円もしないので大した出費じゃないのがありがたい。

そしていよいよケレップ交換。青部分のカバーを外してその下のネジをドライバーで外すとハンドル部分も取り外せました。そこからスピンドル部分とナットを外すわけですが、ここでようやくモンキーレンチが活躍。こちらで回して取り外してみると確かにちょっとパッキン部分が傷んでるかも。致命的とは思えませんがこれを交換すれば改善するのか。しかし僕が買ったケレップのパッキンと違ってこちらは20mmっぽいので失敗したようす。まあ注文しなおせばいいかなと気楽に。

とりあえずケレップも確認したので20mmを注文することにして元に戻そうと思ったら……、戻せない! これどうやってはまってたんだと焦りましたよ。パッキン部分が奥まで押し込めなかったんですよねー。力づくで突っ込むしかなかったんですがそこに至るまでずいぶん長時間格闘してしまいましたよ。やらかしてスピンドルとか壊してしまったらすべてが無駄になりますからねー。作業してるとき手を洗いたいと思っても止水栓を締めてるので水が出ないのがここでは難点。軍手を持ち出してなんとかなりましたがかなり冷や汗ものでした。ただケレップのパッキンがこの過程でかなり痛んでしまい半分破損。新しいケレップが早く届いてくれないとやばい。

不安を抱えながらも2日後に到着。ただ夜に作業すると万が一やらかしたときに最悪の事態になるので朝にすることに。パーツの問題ならホームセンターに行けますしそれもダメなら業者に頼むしかない。このへんが素人作業のリスクのある所でもありますね。で、いよいよ交換に移ったわけですが20mmのケレップは大きくて入らない! ケレップってコマみたいな形しててコマパッキンとも呼ばれるようですが、そのコマの部分が入りきらなかったんですよねー。

ならば底のゴムのパッキン部分だけ13mmのケレップと交換してやればと思ったら20mmのほうは外せたのに13mmはナットが固くて外せない。ここまでかと思いつつ13mmをそのまま入れてみたらどうだろうかと試してみることに。ただストンと水道管まで落ちてしまったらシャレにならないのでピンセットで底を確認してみると入り口からさらに狭くなってるのでどうやら落ちる心配はなさそう。恐る恐る設置して止水栓を開放してみると……、水漏れしない! 13mmでどうやら問題なかったんですね。これまでキツキツに締めてたハンドルももっと緩くしても全く水は漏れなくなりました。


というわけで悪戦苦闘しながらもついに問題解決できましたよ(笑)。かかった費用はトータル4209円。単純にお金だけなら業者に頼むより圧倒的に安く済みましたね。いろいろ理屈もわかってしまえば実に簡単な作業だと理解。もっともそこに至るまでが大変だったので業者に高いお金を払うのはそれなりの価値のある作業なんだということも同時によくわかりましたけどね。素人がやるといろいろ失敗した時に大事になるのも確かですからね。


なんにしてもこれで水漏れの不安はなくなりました。今後も大事に使っていきたいですね。

"蛇口の水漏れを自分で修理しました。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。